足場の設置、高圧洗浄、養生、下地処理

現地確認と挨拶回りが終われば、いよいよ外壁塗装工事が始まります。しかしすぐに壁を塗り始めるわけではなく、高所でも作業できるように足場を架設する作業が初めに行われます。足場は建物全体を覆い、この足場の上で作業することによって、屋根と外壁との間をスムーズに移動することができます。また単に仕事が捗るばかりでなく、職人の身の安全を守ってもくれます。足場の多くは鉄骨であるため、架設作業中は金属音が辺りに響き渡ります。近所の方にとっては迷惑千万な音ですが、どうしても必要な工程であることを理解してもらう他ありません。また足場を組み終わった後にネットを張り、隣接する住宅に飛散しないように対策します。ネットは塗料や塵を防いでくれるのです。

足場が問題なく組まれたら、早速塗装箇所の埃、汚れ、カビ、苔、剥がれかけの塗料等を、高圧洗浄水で洗い落とします。塗る箇所を綺麗にすることは、塗膜を作る上で極めて大切な工程です。意外に思われるかもしれませんが、高圧洗浄には丸一日を要します。腕の良い職人であれば、この洗浄時間を利用して、塗装に資する確認を怠りません。

高圧洗浄が終われば、塗装箇所以外の部分を養生します。ビニールや養生テープで覆うのですが、外壁周りだけでなく、車やガーデニング等も養生シートで覆います。養生テープの扱いは丁寧さが求められる工程です。塗装箇所とそれ以外の部分との境界を綺麗に仕上げるためには、養生テープを歪めずに貼る必要があるからです。

塗装前の準備として最後に行う作業が下地処理です。外壁のひび割れや膨れ、剥がれ、サイディングの継ぎ目は、コーキングしたり、削り取ったりして、凹凸を解消しなければなりません。塗装後のトラブルの有無はこの下地処理の出来次第だと言われるほど、非常に重要な工程です。

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*