リフォームにおける改善ポイント

リフォームの目的に関連する、その対象部位はどんなところが多いのでしょうか。
あるアンケートの集計から見てみると、やはり圧倒的に、「浴室」、「キッチン」、「トイレ」、「給湯器」、「洗面所」などの、いわゆる水まわりです。
そしてその次に続くのは「外壁」、「屋根・雨どい」などの外まわり、外壁塗装となっています。
それに「子ども部屋」や「間取りの変更」などもあるようです。
したがって、リフォームの対象としては、外壁塗装などは、もっとも一般的なリフォームということがいえるでしょう。

リフォーム経験者の多くが、 リフォームについての不満や不安を抱えていますが、リフォームのための改善すべきポイントとは何でしょうか。
リフォームを実施、検討するうえで、必要な制度や仕組みについての意見をまとめると、断トツで「何か問題があったときに保証してくれる制度」があがります。
現在の状況では、リフォームにあたっては、国の保証制度はありませんが、平成22年にリフォーム市場の環境整備についての閣議決定がなされ、2020年までに当時六兆円のリフォーム市場を12兆円規模に増やし、中古住宅市場を4兆円から8兆円に、合計で20兆円規模の市場に拡大する方針を決定したそうです。

「信頼できる事業者を選択できるサイトの強化」や「信頼のおけるところが運営する相談窓口がある」などがよくいわれますが、さらに「消費者・生活者視点での環境整備」、「安心して中古住宅を購入でき、上質なりフォームができる市場環境の整備」、「中古住宅・リフォームを提供する担い手の人材育成の強化」なども謳われているようです。

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*