塗装対象に合わせる

塗る対象の材質により、使える外壁塗装は決まっています。そして、家庭用塗料の多くは「壁用」「鉄部用」というように、用途がそのまま商品名になっています。「つやありペイント」のように曖昧な商品名の場合も、用途は缶面に記載されています。もし、用途に合わないところに塗装すると、はがれたり、ひびが入ったり、錆びたり、カビが発生することがあります。これでは塗装としての役割が果たせません。また、このような弊害が現れなくても、外壁塗装と対象の組み合わせが悪いと、乾きが遅いといった作業上の欠点がでることがあります。かならず対象に合った外壁塗装を選ぶようにしましょう。

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*