塗膜助要素

塗膜助要素は,塗料を液体状態にし,塗装作業を容易にし,塗装後乾燥・硬化過程において大気中に蒸発し,その目的を達成し終わる成分で,一般に,溶剤とか塗装の段階に適性な粘度に調整するのに用いる「シンナー(うすめ液)」をいう。

最終的に塗膜になった場合には必要のないこれら溶剤類が,塗料においては重要な構成材料のlつであり,良好な塗膜ができるかどうか決定づけるものであると言っても過言ではない。

シンナーももちろん溶剤からできているが,溶剤の定義は「物質を溶かすことのできる液体」と言われ,一般には水に溶けない油脂,合成樹脂などを溶かし,均一な溶液をつくるものである。しかし,1つの溶剤がすべての合成樹脂を溶解できるのではなく,それぞれの合成樹脂に適合するものとしないものがあり,溶解力のあるものを真溶剤といい,溶解することを助けるものを助溶剤,そして,溶解することはできないが,混ぜることのできる溶剤を希釈剤といい,合成樹脂の種類によって,それぞれ異なった種類の溶剤を組み合わせて溶剤を適合させている。

そのため,一般にシンナーは,その樹脂塗料の特有のものであって他の塗料に用いることはできない。もし,用いた場合は溶解不良を生ずることがあり,色分離を生じたりする。

溶剤の蒸発速度はその種類によって異なり,また,外気の温度,湿度によっても変化し,あまり蒸発速度が速いものは,作業性が不良になるばかりか,乾燥過程において,白化現象(ブラッシング)を生ずる原因ともなりやすい。

塗料が,危険物であり毒性が強いものとされる原因はこの溶剤によるものであり,溶剤の種類によってそれぞれの特性を十分に確認して,作業の管理をしなければならない。安全管理については法的な面も含め注意が必要であるが,溶剤の一般性状から示すと次の事項があげられる。

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*