着色顔料

着色顔料の目的は,塗装した下地を隠す力を発揮する隠ぺい力をもつものと,求める色に着色することのできる着色力を発揮するものとがあり,塗料の基本色である白は隠ぺい力の発揮であり,これをピンクとかクリームにするために加える赤,黄の顔料が着色力のある顔料となる。

着色力を有する着色顔料は無機質と有機質とがあり,一般に無機顔料はその色のあざやかなものは少ないが耐候性にすぐれている。有機顔料は,一般にあざやかな色が多く,色の種類も豊富であるが,耐候性の弱L、ものがあり,色を選択する場合は十分に注意が必要である。特に外部に用いる場合は,色によっては,短期間で太陽光線によって変退色してしまうものもあり,したがって,赤,黄系は多少色がくすんでも,無機顔料を選択すべきである。白色顔料の代表例は酸化チタンで2種類あり,ルチル系の場合は外部用に用いられ,アナターゼ系はチョーキングしやすいため,主に内部用として用いられる。無機系の着色顔料の代表は一般にベンガラといわれる酸化鉄顔料で赤色から黄色までまた,黒色と多くの色を出すことができる。

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*