塗料の乾燥

塗料建築における塗装工事は、工場で生産される塗料を建築現場等において、まずは被塗面に塗装します。その後、塗膜を形成し、完全に乾燥したことになります。乾燥時間は数時間かかるのが一般的で、4時間ほどかかるの場合が多いです。すぐに上塗りをしてしまうと、適性な乾燥時間を持つ必要があり、すぐに上塗りを行ってしまうと、適切な厚みをつけられなくなる恐れもあります。液体である塗料を塗装としての個体に変化させる過程を一般に乾燥•硬化と言います。

塗装工事において、乾燥と硬化のプロセスはとても重要です。基本的には自然のエネルギーによって進行するものは、自然乾燥型というものです。

自然乾燥に任せる工程であるため、軽視されがちでもあるのがこの工程です。しかしながら、自然環境に任せる上で、温度や湿度、乾燥、硬化の過程をコントロールすることが必要となります。また、乾燥と硬化は、そのとりょうに用いる展色材である合成樹脂等の種類によってメカニズムが異なり、複雑化していますので、その管理を容易でないものとしています。それぞれの役割を十分に理解し、塗料の乾燥条件を設定するように管理しましょう。

なお、完全に塗料が乾燥する「完全乾燥」には、1~2週間かかると言われています。

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*