外壁塗装工事の流れ

外壁塗装の工事最初に行われるのが、足場かけと言われる作業です。これは作業員の安全確保のため、正確で間違いのない施工のため、必要なものです。作業は最初に足場を組んでいくことから始まります。なお、外壁塗装の工事が始まる前には、近隣への配慮を忘れずに行いましょう。工事に入る前に近隣への挨拶をわすれずに行いましょう。会社によっては外壁塗装の会社が近隣への挨拶をしてくれるケースもあります。ただし、業者まかせですと、近隣の住民の方への配慮が足りないということになりかねないので、注意が必要です。

外壁塗装の工事の次の流れは、高圧洗浄です。ホコリや汚れ、苔などを洗い落とす事で、塗料と素材がよく結合するようになるのです。より強い結合にすることを目的に行われます。

次に行われるのは、下地調整と呼ばれる処理です。外壁や鉄部のサビやハガレの箇所を処理します。下地調整後、仕様書に沿って下塗りから塗り重ねていきます。下塗りから始まって、中塗り、次に上塗りの3回の工程が行われるのが一般的です。最後に工事が完了すると養生を外します。その上で仕様書と確認を行いながら、出来上がりの完成度をチェックします。もし、塗装に不備や不満がある場合には、その意志をきちんと伝えましょう。ただし、無理難題を押し付けるようなことはトラブルになるので注意してください。